コーチ

ONE BY ONE代表  尾崎 亮


大阪府八尾市在住。
小学5年生の時に親の勧めでバスケ部に入りバスケットボールに没頭。プロ選手になりたいという夢を抱くようになる。
学生時代は指導者に恵まれていた期間が短く、1番尊敬していた顧問の先生も指導を受けられたのは1年間のみ。恵まれない中でも自分なりにバスケを勉強し、上達に励む。
高校3年生の頃には2つの大学から推薦入学の話を持ち掛けられるが、卒業間際の大怪我も相まって選手としての道を完全に断念し、自身の経験を糧に指導者への転身を決意。その後福祉関係の専門学校へ進学し、現在は介護福祉士として働く傍らで、日本に新たな光を灯す指導者となる為に、日々バスケットボールの勉強を続けている。