活動の種類

ONE BY ONEでは主に2つの方式で開催しています。

1.フリーバスケ

2.トレーニング(各種)

3.ゲームデー(予定)


それぞれ意味合いと詳細を説明します。

1.フリーバスケ

体育館の2コートのうち1つを、自由な状態で開放します。友達と試合しても良し、1人で特訓しても良しです。
バスケサークルとして活動しているので、もちろんバスケをすることが前提ですが。
八尾市のみならず、日本はバスケをする場所が少なく、あっても大人が占拠していることが非常に多いのが現状です。
子供達が自由にバスケをできるのは、やや高額な市営体育館の時間貸しくらいです。
そういった環境を少しでも提供するべく、フリーバスケが誕生しました。
コーチは体育館内に常にいますが、特に指導はしません。時間があれば、自由参加制でミニゲームをしたりします。

2.トレーニング(各種)

「自由にしてね」と言われてもなかなか1人で動けない子達もいます。そんな子達にはぜひトレーニングの参加をオススメします。
コーチ指導のもと、様々なメニューに皆で取り組みます。基礎〜上級者向けまで幅広くメニューを揃え、その日参加する子供達のスキルレベルを見ながら、”ちょっと難しい“に挑戦する環境作りに努めます😊
トレーニングは種類が分かれています🏀

・トレーニング(通常)
上記通りで、これが最もスタンダードです。

・特化トレーニング
特定のスキルに特化した構成で取り組みます。例えば、シュート特化なら時間目一杯までシュート関連の練習のみになります。

・個別トレーニング
1〜5人までの参加で、子供達(もしくは保護者)の要望に合わせて事前にメニューを組み、トライ&エラーを繰り返しながら取り組みます。
必要に応じ、子供達の動きを撮影して映像確認など、マンツーマン指導に近い体制です。
※現在は開催無し。再開時期は未定

3.ゲームデー(予定)

まだ思考中の段階ですが、試合形式のメニューのみを行うものです。
フリーバスケに似ていますが、こちらはコーチが管理する中での開催です。
子供達を見ているとよく感じるのが『試合経験の少なさ』です。スキルは十分なのに、試合ではどうも発揮出来ない。これは、試合中の雰囲気や流れの早さに、つい平常心を失ってしまうからです。
ただ、人数が6人は集まらないと3対3すら実現しないので、そのあたりが課題ですが・・・
もちろん、単純にずっと2時間ゲームは飽きるので、制限付きゲームなどで工夫はします🏀


「こんなことをしてほしい!」という要望などあれば、遠慮無くご意見ください!