ミニバスの話

こんにちは、ONE BY ONEの尾崎です😊
先日の報告(明日香村への転居とスクール終了)以降、複数の方からメッセージを頂きました。
本当にありがとうございます。
そんなつもりはなかったんですが、クリスマス会が終了直前の感謝祭みたいになってしまいました・・・笑
1月もできれば開催したいと考えていますので、また決まり次第報告致します😊

さて、今回は少しミニバスのお話です。
皆さんのお子様はどれくらいの頻度で練習されていますか?
自主的なものを除く、チームでの活動の頻度というのは、実は適正があります。やればやるほど良いというものではありません。
近年ではバスケ界で世界の強豪としてトップ3に入るスペインは、以下のように基準を設けています。
この画像はネットで拡散されたものを引用しています。
最強のバスケ帝国アメリカでも、スペインとは少し異なりますが、基準が設けられています。
少しだけ説明しておくと・・・

まず練習時間が短いのは「集中力を保つ為」です。長時間の運動は必ず集中力に限界が訪れます。その状態で練習しても悪影響が大きいだけです。
活動日が少ないのは、怪我のリスク予防や休養による体力回復が目的です。
ちなみにこの画像では大学の表記はありませんが、アメリカの大学では協会が基準を設けており、週5回・1回あたり約3時間と上限を設けています。
大学生ですらこの頻度です。(ちなみに数年前、アメリカのとある大学の2軍が日本に訪れ、日本代表と対戦して圧勝しています)

日本の練習時間は世界トップレベルに長いんです(褒めてません)。
それは「効率よりも、とにかく練習量!」という古き良き伝統と思いがちな姿勢(実は悪しき伝統)が現代にも残っているからだと思われます。
指導方法など、指摘すればキリがないほど問題山積みのスポーツ界ですが、まずは「とにかく知ること」が大事だと僕は考えています。
自分達が過去にやってきた方針に捉われず、本当に良いものを追い求める。そんな姿勢が指導者に今 求めらているはずです。

バスケスクール "ONE BY ONE"

大阪府八尾市を拠点に、 革新的なスタイルで バスケットボールを学ぶ新システム。 それが "ONE BY ONE" 2019年秋頃より説明会&受付開始。

0コメント

  • 1000 / 1000